明日はセンターじゃないっすか!

最近はなんだか仕事も忙しいし、先週誕生日でスノボ旅行だったんだけど、雪山に携帯落とすわ一緒にいった会社の同期は誰一人私の誕生日覚えてないわで、冴えない毎日でございます。ごきげんよう。

こんな日常の幸不幸が人生を大きく動かしているわけで、ちなみにこういうのはセンターの点数や受験の結果とは全く関係がない。日本史偏差値80とったって携帯は落とすのです。

明日明後日でセンターの点数は決まるわけですが、それも日常のうねりの中のほんの一瞬のものでありますから、あまり大事に捉えすぎず、それでも変に楽観しすぎず、コツコツと、最後の最後まで丁寧な努力を積み重ねていきましょう。

一喜一憂で立ち止まらないこと。
2013年度センター前の受験生に送る言葉でした。君に幸あれ!

新年のご挨拶と若さへの嫉妬


20131224 東京・新橋からの夜景

2014年になりました。
本年もよろしくお願いいたします。

■ 今年は厄年

あと10日ほどで誕生日を迎えます。24歳になります。今年24になる平成2年生まれは基本厄年となります。昨年末から身体の異変(手足口病やら虫歯やら)が重なり、運気の低下を感じていましたが、いよいよ本番です。

■ 20代の性格は一生モノ

厄年もショックですが、もう干支を2周しようとしている事実にも驚きを禁じえません。この世に生を受けて24年。24歳と言うと、かなり大人のように感じていましたが、しょうもない育ち方をしてしまいました。

最近は、悪癖との戦いです。弱気、コミュ障、サボリ癖、心配性…私は、悪癖が凝り固まった24歳です。「性格を変えられるのは20代前半まで」と先輩に言われていますが、本当にそうです。この年になって性格を変えよう、マインドを変えていこうというのは、本当に高いモチベーションがないと苦しいのです。

■ 君ならまだ間に合う

若い君たちは、まだ何とでもなれる。自分の嫌だなという性格をしっかリ見つめてほしい。無理に修正しようとしなくて良い。どうにか目立たなくするなり、うまく付き合う方法を模索してほしい。

くれぐれも私のようなどうしようもない大人になってはいけないよ!


年明け一発目から取り留めもないブログになってしまいましたが、要は「大学卒業してからどうこうしようとしても手遅れ」ということでした。皆さまに役立つ情報だとかそういうものではなく、24歳のボヤキだと思ってください。私もずいぶんおっさんくさくなったものだ。悲しい。

でも、君たちもいずれ24歳だ。その時わかるはずだ!私の気持ちが!

皆様には、良い一年になることを心から祈っています。おやすみなさい。