私はこうして京大に落ちた Part10

winter

冬のエピソード
~一人紅白歌合戦の開催~

2008年に良く聞いた曲、
これまでたくさん聞いた大好きな曲たちを
100曲セレクション。

総時間4時間ほど、
それを年明けぴったりから差し引いた
大晦日20:00頃スタート。

0時に近づくにつれ、擦り切れるほど聞いた、あの曲この曲になっていく。

1位の「ライオン」(当時はやっていたマクロスFのOP)を迎えるころにテンションは最高潮に。
こうして私は2009年を迎えた。

遊んでいたわけではない。
その4時間は一切の休憩を取らずに問題集に取り組んだ。

年明けが近づく頃になって、
もうまともに休憩も取れないほどであった。

センター試験の対策に加え、
2次試験の対策。
想像以上にやらなければいけないことはある。

12月から始めたセンター試験対策は、
目標まで、それこそ山のような課題があった。

センター対策に精神的に圧迫され、
2次対策は片手間となりそうであった。

そのため、予備校の講座を軸に、
無理やりにでも時間を確保した。

気分転換も兼ね、
京大国語・数学は河合塾の講座を受講した。
代ゼミの同講座についてはあまり良い評価を
聞いていなかったからだ。

河合塾の講義は実際良いものであったし、
いつもと違う空気での講義、
いつもと違う自主室はとても良いリフレッシュとなった。

苦しみの中、僅かながら救いもあった。

第2回駿台京大入試実戦模試

英語   :60.3
数学   :59.2
国語   :52.8
日本史  :60.5

4科目偏差値  :61.2

上出来であった。
数学があと一歩で偏差値60というところまできた。
半年はセンターでさえ30代であった。
もはや重要な武器の一つである。

判定はB判定
言うまでもなく、これまでで最高の判定である。
A判定までは、あとわずか0.6
ほぼA判定じゃないか。

全体の順位は、
教育学部第一志望者の中で232人中22位。
全体でも2675人中330位。

駿台模試は京大受験者の多くが受けるような模試であるから、
この時点では上位の実力であったと思う。

2次試験に関しては、合格に足りうる成績に、達したのだ。

あとはセンター試験であった。
センターさえ、しっかりと点数が取れれば。
合格標準の87%をしっかり取れれば。

0から始まった京都大学受験。

受験が終わってから5年経った今。
浪人の1年間は、どの時間を切り取っても、
思い出すのはがむしゃらに机に向かった時間だけ。

晴れの日も雨の日も風吹く日も雪の日も、
私の心にあったのは、

「名詞構文をいかに自然に訳すか」
「和歌の得点をいかに稼ぐか」
「3次関数のグラフと回転体の体積の解法のこと」

勉強のことばかりだ。

夜寝る前には、願掛けで枕元に置いておいた赤本の冒頭の
大学紹介コーナーに目をやった。
夢の京大生ライフに思いを馳せた。

大学入ったら、また野球をはじめよう。
趣味のアニメや漫画のサークルに入って中を広げるのも楽しいだろう。
彼女もできるだろうか。
バイトは塾講師をやろう。
京大生現役講師。きっと私なら人気講師になれるだろう。

本当に行きたかった。
本当に京大に行きたかった。

すべての想いをこぶしに込め、
私はペンを動かし続けた。

俺は、京大に行く。絶対にだ。

そして、センター試験当日を迎えた。

次回:Part11 終わりの始まり 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です