最後の最後まで手を抜く事なかれ/2014年ありがとうございました。

naoshuma
2014/12 直島

2014年はどのような年だったでしょうか。

今年の目標は100の新たな経験をすることであった。さっき手帳を振り返ってみたけど、100とは言わないまでも、様々な経験ができた年だったと思う。社会人として、まともに仕事が始まっていく反面、休日は休日であまり暇することなく、刺激的な経験を多くすることができた。

仕事は仕事で大切なことで、しっかり向き合っていきたい。ただそれだけが人生ではなく、万が一職を失ったとしても私の人生は続いていくのである。仕事しか生きる意味が見出せないとないというのは、少しさみしい。

視野狭窄にならず、自分の行く末をひろげていく。ただ、それは漫然と生きていては難しいから、それができる余裕を作り出す努力をしていく。自分の在りたい姿に向かって、来年も頑張っていこう。

今年も有難うございまいした。

--------------------------

受験生にとっては、終盤も終盤、クライマックスを迎える時期である。
私の受験時代の年越しは受験期にも書いた通り、勉強に没入するという精神修行スタイルであった。ああやって身を削りながら勉強に没入した経験も今では良い思い出。

大学受験なんて部活動以上に結果主義で、プロセスがどんなによくたって、結果さえでなければ、志望校にさえ受からなければ、いくら努力したって無駄になってしまう。なんてことを受験生だった当時は思っていた。結局、私は志望校に落ちてしまって、浪人含め1年以上の受験勉強の結果は望んでいたものではなかった。

ほとんど同じ時間を生きた同世代同士の戦いの中で何が差がついてしまうのだろう。地頭の違い、は意外と大した要因ではないと思っている。生まれ持った素質のみで勝負が着く世界ではないのだ。

受験は、受験期その時点一点の勝負ではない。それまでの生き方であり、人生であり、約18年間の中で培ったものの差であるのだ。勉強や目標に対する姿勢であったり、勉強の仕方であったり、長時間の勉強を継続する集中力や精神力であったり。それは、そのひとのひととなりに依存するのだ。

そう思っているので、私が受験失敗により受けた敗北感は、かなりのものであった。自分の生き方を否定されたようなものだ。自分の人生はなんだったのか。そんな思いだった。大きな後悔があった。

ただ、それでも、あの1年を、私は全力で生きていたのは確かである。特に、9月から年越しくらいまでの一心不乱で勉強に打ち込んだ経験は、今の自分への励みになり、自信になっている。あそこまで頑張れたから、今も出来る、という自信。

先に言ったように、受験はそれまでの生き方の総決算という一面はある。そして、受験後の人生でも、勝負のときは、その時には受験を含めたその人生の総決算で戦うこととなる。その意味で、受験の努力は、結果だけではなく、そのプロセスが大きな意味を持つこととなる。

君が今頑張れること、受験に全身全霊を傾けることは、目先の受験結果のみならず、のちの行き方、勝負に影響を与える。頑張れるということは、簡単のようで、誰にもできることではない。それはとても大変なことだ。それを成し遂げることは大きな意味を持つ。

もちろんいまの努力が、目の前の受験結果に大きな影響を与えることは明白だ。直前期がとても大切であり、ここでの努力が大きく結果を左右する。

身を粉にして、全力で勝負してほしい。
大学生活と、今後のながーい人生の勝利を勝ち得るために、だ。

2015年、君に幸あれ!
良いお年を。

睡眠を武器に変える!よい睡眠を得るために3つの大切なこと

人間は寝ないといけない。平成26年のこのご時世でも、睡眠という行為の代替はない。眠る、という非稼働状態を作らなければならない。これは人が生きる上で、誰しもが共通にもつ制約である。

制約ではなく、この睡眠をうまくつかうことで、他の受験生より優位にたつことはできないのか。私も受験生時代から幾度と無く興味をもって調べてきたが、未だ納得の解にいきついていない。この際だから少し調べてみて共有する。

■結局、何時間睡眠がベストなの?

http://www.asahi.com/articles/ASGDL5FQXGDLUEHF01B.html

睡眠ってググったらニュースフィードに記事があった。4時間睡眠を継続して勝利を勝ち取った!という記事だが、4時間睡眠って短くないか。そんなんで成果を出すことは果たして出来るのか。

http://www.human-sb.com/mechanism/sleep-time.html

検索で上の方に来たサイト。要約する。

★睡眠を武器に変える!よい睡眠を得るために3つの大切なこと

1.90分の倍数の睡眠時間がスッキリ目覚める。

 →  但し、この睡眠周期には個人差がある。
 → ★自分に適した睡眠時間を見つけよう!
90分の倍数がよいとはいうけれども、私も試してみたが、あまりしっくりこない。ほんとうのところ、個人差があるから、それをまず知ることをしなければならない。

でも、適した睡眠時間を見つけるのって難しくない?という心配に対して、最近はスマートフォン向けのアプリがあるとのこと。こんなのもあるんすね。

iPhone用
https://itunes.apple.com/jp/app/sleep-cycle-alarm-clock/id320606217?mt=8
Android用
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.urbandroid.sleep&hl=ja

2.「起床時間を固定」し、体内時計のリズムを崩させない。
私も仕事の都合上、たまに早く起きたり遅く起きたりとかあるけれども、それまで同じ時間で起きていた時よりもやはりその時は調子悪い。睡眠時間はかわらないように、寝る時間は早めたり遅めたりはしていたのにも関わらず。どうやら、睡眠時間だけでなく、起きる時間が安定していることが大切らしい。
3.成長にあわせた、適切な睡眠時間を守ろう。
 → 13~18歳:8.5~9.5時間、成人:7~9時間
社会人になって、「7時間睡眠しないと本当に生産性の高い仕事はできない」と聞いたことがある。実際そう思う。頭を使う仕事をする時のパフォーマンスは、睡眠時間に左右されると感じる。睡眠時間が少ないと、頭が重くって、ちっともよい解が出せない。だから、最低何時間寝なくちゃいけない、というのは、かなり意識している。

受験勉強でも同じだろうか。受験勉強で、ほんとうに頭を使わなくてはいけないことってなんだろう。機械的に、1つの答えを出す作業(一問一答とか)であれば、頭をつかう、ってほどでもない。暗記とかの作業だけであれば、無理して4,5時間睡眠を継続でもやっていけるのかも。

逆に、ひらめきとか頭をつかうような勉強は、眠りを意識した法が良い。実際に過去問題をといたり、見たことのない問題に取りくむときとかであろうか。試験本番もそうね。

--------------------------

まとめると、
自分の適切な睡眠時間を知り、それを毎日同じ周期で継続していくことが、ベストアンサーでしょうか。

睡眠時間や起床時間のリズムを一定にたもつことがベストであり、試験本番が1月や2月であるならば、12月のいまのうちから、それらを意識する必要がある。そうなると、直前期であっても、無理に睡眠を削って勉強するのはよくないってことになるだろう。

受験直前期で焦ってリズムを崩して本番で力を出し切れないことを防ぐためにも、しっかり寝よう!やるときやらないときの、メリハリが大切な。

因果法則

虹

原因があるから結果がある。因果である。
時に宗教的な意味で語られたり、哲学として、ビジネスノウハウとして、処世術として、
私達の身近なところの存在する、事実だ。
火のないところに煙は立たぬ。

しかし、すべての原因と結果に因果関係が成立するわけではない。
原因と結果の相関関係には、度合いがある。
因果にすごく関係があるものと、そんなに関係のないけど、そう思い込んでしまうような場合がある。
例えば「風吹けば桶屋が儲かる」は、因果の結びつきは疑う余地がある。

 大風で土ぼこりが立つ
 土ぼこりが目に入って、盲人が増える
 盲人は三味線を買う(当時の盲人が就ける職に由来)
 三味線に使う猫皮が必要になり、ネコが殺される
 ネコが減ればネズミが増える
 ネズミは桶をかじる
 桶の需要が増え桶屋が儲かる

土埃がたてば、必ず眼に入るのか?目に入ったら盲人になるのか?
盲人は三味線を買うのか?・・・
最終的な「桶屋が儲かる」という段階にまで行くにはどれだけの道のりか。

受験も似たようなものだ。

「勉強すれば合格できる」
当たり前なのだろうか。火のないところに煙は立たぬ、か。

すべての勉強は合格にいたるのか。
それは違う。

勉強と合格の結びつきは100%か。

そんなことはない。
勉強と結果とは本来、異なった事象である。
「火」と「煙」のような物理的な関係はないからだ。
「勉強」と「合格」の間の隔たりに、受験の難しさがある。

原因のないところには、結果は生まれない。

もちろん、勉強せねば結果は得られない。
その土台に立った上で、次は「この行動は結果に至るのか」が問題だ。

その答えは、考えぬいた先にある。

たった一つの答えはない。
それぞれにベストな答えがある。
各々のスタート地点は異なるのであり、
ベースであるその人の性質・性格が違うからだ。


自分の答えは、自分で出すしかないのである。

必要なのは、考えることだ。
考えることで、私たちはどんな壁だって乗り越えることができる。

考えれば、自ずと答えは見つかるはずだ。
考えぬ行動に結果はない。