他の受験生に差をつける「睡眠」のテクニック!

人間は寝ないといけない。

 

平成30年のこのご時世でも、睡眠という行為の代替はない。

眠る、という非稼働状態を作らなければならない。これは人が生きる上で、誰しもが共通にもつ制約である。

 

しかし、睡眠が制約ではなく、ポジティブな武器になるとしたらどうだろうか。この睡眠をうまくつかうことで、他の受験生と差をつけることはできないだろうか。

 

私も受験生時代から幾度と無く興味をもって調べてきたが、未だ納得の解にいきついていない。

この際だから少し調べてみて共有する。

もっと見る

過去問は夏までにやろう!最後までとっておくことなかれ!

予備校教師時代、私が生徒に「過去問やった?」と聞くと、よくこう返ってくる

 

「もったいないので、直前にやるためにとっておいてます」

 

 

気持ちはわかる。

気持ちはわかる・・・・・が・・・・

残念ながら「過去問を直前にやるようなやつは落ちる」

これは声を大にして言っておきたい

 

 

もし過去問を直前に解いたとしよう。

それで、ボロボロで合格点に全く届かなかったらどうする?

 

いまさら志望校を変えるのか?

あきらめて突撃するのか?

 

なんにせよ、モチベーションは下がるだろう。

受験当日も不安でいっぱいになる。受験のプレッシャーに押しつぶされ、しっかりとした実力が出ないかもしれない。

そして結果は・・・・・・

 

・・こんな風にならないためにも、過去問は直前期にまでとっておくべきではない。

もっと見る

【単語帳徹底比較】偏差値70超えの英単語帳は、これだ!

私は受験時代、英語偏差値は70超えていた。

私の模試の記録を書いた記事は↓(アメブロ時代)

私はこうして京大に落ちた Part6 | きまぐれ受験のTIPS

 

で、受験体験記に英語の勉強法について書いたのだけれども↓

私はこうして京大に落ちた Part7【偏差値70の英語学習の軌跡】 | きまぐれ受験のTIPS

 

体験記にも書いた通り、偏差値70の土台には、英単語の学習があった。

英単語学習は、英語の偏差値を50以下くらいから、60くらいまで持っていくための土台だと思う。

長文読解や英作文のスキルをあげるよりも、まずは英単語。

英単語をいかに覚えられるかが、受験の成否をわけるといっても過言ではない。

 

英単語帳はやまほどある。

どれを選べばよいのか?

この選択がまずは大きな分かれ道だ。

本日は英単語帳の選び方について、TIPSを書く。

もっと見る