集英社2

集英社②
2次選考=筆記試験
エントリーシート通過連絡が3/5。
筆記試験実施日が3/11でした。
もうこのころには出版社はほとんど諦めていたので、対策はせずに会場へ。
会場は水道橋駅、日本大学経済学部校舎でした。


【集英社 筆記試験内容】
筆記試験:100分
内容:マーク式試験(一般教養&英語)、時事問題の筆記、漢字の読み書き
作文:60分
内容:三題噺(仮面、しめしめ、節〇〇グッズ)
    800文字以内(原稿用紙2枚)


筆記試験はちんぷんかんぷん。
一般教養は広く浅く。
出版社らしく、出版業界の刊行物に関する問題もあれば、時事問題もあった。
ユニークな形式で(難しいわけではない)面白かったけど、わからんかった。
途中でSPIの計数問題みたいのもあった。
英語は簡単でした。
作文は初めてで、練習もなく初めて書きました。
無難に震災をテーマに書きました。
両方ともマスコミ業界目指してしっかり勉強をしていれば難しくない内容だと思います。
通過した友人によれば、以下の2冊がおすすめとのこと。
上の方は、ちょっと難しめらしく、やや新聞社などの対策向きですが、
下の方は出版志望の方には必須のようです。
ぜひ本屋で手に取ってみてください。

一般教養の天才〈2013年版〉 (Wセミナーマスコミ就職シリーズ) 一般教養の天才〈2013年版〉 (Wセミナーマスコミ就職シリーズ)
(2011/10)
小林 公夫

商品詳細を見る

エンタメ一般教養〈2013年版〉 (マスコミ就職シリーズ) エンタメ一般教養〈2013年版〉 (マスコミ就職シリーズ)
(2011/12)
小林 公夫

商品詳細を見る

さて結果は3/15に、マイページにきました。


筆記試験結果のお知らせ
このたびは、集英社2013年度採用・筆記試験に
お越しいただき、ありがとうございました。
慎重に選考させていただきましたが、
まことに遺憾ながらご希望に添えない結果となりました。
何卒、ご了承賜りますようお願いいたします。
末筆ながら、今後のご多幸をお祈り申しあげます。
                            集英社人事部


敗因は、やはりただでさえ難関の出版社になんら対策なしで進んだことでしょう。
ちなみに、筆記試験会場では面接シートなるものが配布されました。
志望動機や自己PRを書き、面接時に持参せよというものですが、
ということは面接はESに沿ってやらないみたいですね。
断定はできませんが、
ESはあくまでその時点での選考に使われるのみで、
その後の選考には影響がないのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です