ちょっとやる気のなくなったときに・・・ちょっとしたモチベーションアップ術

おまいらの勉強が捗る七つ道具教えてあげるよー:ハムスター速報

http://hamusoku.com/archives/6614543.html
前回の記事では「喫茶店で勉強するとリッチな気分になってモチベーションあがるよー」的なことを書いた。

「モチベーションを上げる」というと生徒も教師も難しく考えがちだ。

「志望校に対する思いを強めろ!」だとか
「成績を上げて成功体験を作れ」だとか。

確かに間違っていないし、根幹としてそのようなところは大事である。

しかし、しっかりとした目標もあるけど、ちょっと走り続けて疲れた。
ちょっとやる気を失うってときもある。

そういう時に、大層な根幹部分を見直すことは、余計に労力がかかる。

前回記事にも書いたが、「喫茶店」行くくらいでもモチベーションは上がったりするものだ。

それは小さいかもしれないが、お手軽である。
そして、小さいものでも積み重ねていけば、やがて大きな成果である。

今回は、「小さなモチベーションアップ術」と銘打ち、簡単に実践できるモチベーションを上げる方法を紹介したい。

ということで、前回のごとく、2ちゃんねるまとめサイトからリンクを張らせていただいた。
勉強が捗る7つ道具ということで、受験に向かないものもいくつかあるが参考にしていただきたい。

私の経験では、「新しい文房具を買うとやる気が出る」という法則があった。

新しいもの買うと使いたくてしょうがなくなって、勉強のやる気もアップする。

クルトガという高機能シャープペンシルを買ったときは1か月くらいはひたすらにペンを動かしクルトガで書く喜びを味わっていた。

摩擦で消える蛍光ペンも、間違えて消すのが楽しみで、わざと間違えるのは癪だから何度も使って間違えるのを待ったほどである。

私のような単純野郎は少数民族かもしれないが、
喫茶店同様、「新しい環境、新しいもの、新しい方法」を使うことで、勉強のモチベーションは上がると思うのだ。

前回述べた、勉強に飽きた時の3原則

1.勉強する場所を変える
2.勉強するものを変える
3.勉強する方法を変える

新しい何かに触れて、気分一新。
モチベーションを上げるとは、大層なことではない。
ちょっとだけいつもと何かを変えればいいのである。

ぜひ「小さな実践」を積み重ねて、大きな成果を出してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です