ご挨拶

こんにちは!

ryotaと申します。
この度はご訪問ありがとうございます。

このブログでは、大学受験をする高校生、浪人生を応援したいと思っています。

私は大学4年生になります。
大学受験は実は失敗しており、受験に関しては苦い思いをしました。
浪人し、1日15時間の勉強をほとんど毎日続け、模試での判定もA判定まで上り詰めました。
しかし、結果はでませんでした。

現在、大学では教育学部で、心理学を軸に教授法に関する研究をしています。
アルバイトは塾講師をやっており、高校生向けの塾でこれまで50名ほどの受験生の
受験勉強を指導してきました。

大学受験に失敗したときは、正直これが限界だと思っていました。
予備校に通い、最善の勉強をやってきたつもりです。

しかし、大学で改めて心理学の観点から勉強を見直したり、
また塾では客観的に高校生の学習を見つめてくる中で、
自分の受験時代で気づかなかった、自分の欠点を見つけたような気がしました。

受験は、時間の限られたゲームです。
そのゲームを攻略するのに最も重要なこと。
それは「効率」なのです。
そして、その効率を生み出すにあたっては、
「どのように勉強するか」即ち「勉強法」が重要なのです。
したがって、成果を出せる、効率の良い勉強法に則って努力することが、最も大切なことなのです。

このブログでは私が自分の受験時代や大学時代で得た知識を、
大学受験生に勉強法をお伝えするという形で、体系立ててまとめてみたいと思います。

自分の経験だけでなく、
裏付けのある心理学の知識や、塾で実践し、ある程度効力のあげたものを中心に紹介したいと思っていますので、
なるべく多くの方が使えるものであるよう努めていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です