私はこうして京大に落ちた Part6

私はこうして京大に落ちた Part6

夏休みの成果が問われる。

夏休みは、ほぼすべての時間を数学に費やしたといっても過言ではない。
夏休み後もしばらくは青チャートの復習に費やした。

少しだけ数学ができるという実感がわきてきた。

初見の問題が解ける。
授業がちゃんとわかる。

夏休みの手ごたえを感じつつあった。

そして、10月、記述模試。

会場は町田のデジタルハリウッド大学。
代ゼミ町田校は現役のころちょこっと通っていたから、懐かしい気分になった。

――――数学。

手ごたえがあった。

「と、とける…!この問題、青チャートで見たことがあるぞっ!」

と、進研ゼミトランス状態
数学という科目で、人生初めて手ごたえがあった。

最後の数学帰納法を用いた問題を解けたとき、思わずにやけた

半年前には手も足も出なかった数学。
自力で、ここまでできるようになったのは純粋にうれしかった。

11月。結果発表だ。

自信と、多少の不安を持ちながら、タワー地下の模試受取所へ。

結果はいかに…

10月代ゼミ全国記述模試

英語  偏差値 71.4
国語  偏差値 66.5
日本史 偏差値 68.0
数学  偏差値 65.4

す、数学偏差値60越えキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!!!!

しかもover65!なぜか国語と並ぶという快挙。
というか国語頑張れよ。

数学だけ抜き出すと、7071人中280位。
受験勉強を始めたばかりの現役がいると考えても、相当上位だ。
7月の偏差値30代から、3か月で約2倍。
塾の胡散臭い宣伝文句にでもなりそうなくらいの伸びである。

青チャート恐るべし!

そして、気になる判定。

筑波大学人間学類    A判定
筑波大学人文学類    A判定
東北大学文学部     A判定
慶應義塾大学文学部  A判定
早稲田大学教育学部  A判定
早稲田大学文学部    B判定
上智大学文学部     A判定

A判定ラッシュ!!!!!

そして、

京都大学教育学部

C判定!

おおおおお!

C判定・・・現役時代は早稲田は最高D判定くらいだったからマシか。

いや数学はじめて3か月で、これはかなり頑張ったんじゃないか!?

しかも、この模試でA判定はなぜか0名。
私は26人中7位。半分よりは上に入っている。

合格が近づいた気がした。
いや確実に近付いている。

数学は伸びている。
他は上がりもしないが、下がってもいない。

これは来ている。流れが来てるぞ!

そして、模試にはもう一つ気になることが。

国立文系、4教科偏差値68.6

全国3336人中111位。

111位…?

もしや、もしや…

模試結果

お、おれだーーーーーーーーっ!!!

模試の、成績優秀者の1ページ目に、私の名前が!!

お、おあああああ!!!

まさか自分が載るとは。
現役時代全滅、
気が狂ったかのような国立転向、
数学偏差30代スタートの私が、
4教科偏差値で名前が載る(3教科は圏外)

奇跡か…

いや、やれることはやった。
努力して、この結果だ。

奇跡なんかじゃない。実力だ

本当に京大に、受かるかもしれない。

下げてはならない。下げたら終わる。
油断したら終わる。油断するな俺。

維持だ。いや、上げていけ。
止まるな。京大にいきたい。俺は京大に行きたい。

絶対に京大いってやる!

センター試験まで、あと、90日。

回:偏差値70の英語学習の軌跡