東京駅から2時間半で行ける かみのやま温泉「おやど森の音」でおこもりステイ

東京駅から2時間半で行ける かみのやま温泉「おやど森の音」でおこもりステイ

東京から新幹線で行ける温泉地「かみのやま温泉」

東京駅から東北新幹線に乗車し、約2時間半で行ける山形県の温泉地「かみのやま温泉」に行ってきました。
かみのやまと言えば、有名な「古窯」という大型旅館があり、私も以前宿泊したことがあるのですが、今回伺った「森の音」さんは、その古窯グループが手がける大人の隠れ家宿。

おやど森の音の客室数は全14室のため、きめ細やかなサービスが叶います。古窯の大きなお風呂や充実した館内施設も嬉しいのですが、小規模宿ならではのゆっくりとした時間や、素敵なおもてなしが、大人カップルには嬉しいもの。

今回はそんな森の音の宿泊記をレポートします。

予約は最安値を比較検討!

お宿の予約は、公式サイトはもちろん、一休.com楽天トラベルじゃらんReluxなどから予約ができます。

公式サイトはベストレート保証されていますが、一休独自のポイント還元や、楽天・じゃらんなどが発行するクーポンなどで、実質価格が安くなることが多いので、料金比較をしてみる価値はあります。
下記に各サイトのお宿リンクをまとめたので、よろしければご利用ください。(別ウインドウで開きます)

一休.com
楽天トラベル
Relux
じゃらん

かみのやま温泉駅から「おやど森の音」へのアクセス

かみのやま温泉駅から宿へは、タクシーで5分または徒歩15分ほどかかります。
専用のシャトルバスなどは出ていないので、注意が必要です。と言っても、駅前にはタクシーがよく止まっているので、特に困ることはないかと思います。

駅周辺には簡単なお土産が買えるコンビニと、観光案内所くらいしかないので、山形土産の購入は古窯まで足を伸ばすか、山形駅に立ち寄るのもお勧めです。山形駅へは鈍行でも10分ちょっとでいけます。

かみのやま温泉周辺の観光スポットは?

周辺の観光スポットはあまり多くありませんが、上山城や、高畑ワイナリー、蔵王、山寺など、車があれば山形県内の有名な観光地へ足を運ぶことができます。上山城は徒歩やタクシーでも行ける距離なので、おすすめです!

15時、おやど森の音へチェックイン!

チェックインは15時からなので、ちょうどくらいの時間に宿へ着きました。
コロナ対策のため、チェックイン時は1人で手続きをするよう指示を受けます。
ロビーは大きめのソファ席と、暖炉を囲ったお席があり、広いため、さほど混雑する感じではありませんでした。

また感染症対策のため、お部屋や宿の館内説明は、各部屋に1ついただける携帯端末で確認します。
お部屋には電話がないため、この貸出用携帯端末からフロントにお電話をするようになります。外線も無料で利用できるとのことでした。

チェックインが済むと、ロビーでウェルカムドリンクをいただきました。
ロビーには、お茶やコーヒー、紅茶をはじめ、なんとビールや焼酎などもフリーでいただけるようになっていました。
さらにこちらのお飲み物はお部屋に持ち帰りもOKとのことで、なんとも太っ腹なサービスに酒好きな我が家は大感激です。

館内はフリースペースが充実!

こちらのお宿で感動したのが、フリースペースラウンジがとても充実していることです。
1階のフリードリンクに加えて、2階にもゆったりとくつろげるラウンジがあります。個室風の場所もあり、今回2世帯で宿泊した私たちは、このスペースに集合して団欒することができました。

こんな広い畳のスペースもありました。二世帯以上でも使い勝手が良く、素晴らしいです。

8畳のスタンダードルームに宿泊

今回は部屋の空きがなかったこともあり、8畳の部屋を2部屋予約しました。1つはバス付きで、もう1つはバスなしです。
お宿には温泉があるので、部屋のお風呂は使いませんでした。

ベッドは低めのロータイプ。

館内着と、タオル、アメニティなどが入ったカゴが人数分用意されており、こちらを持って大浴場へ向かいます。
お部屋は割とシンプルで必要最低限ですが、温泉に入ったり、お食事をして、食後は暖炉やフリースペースでまったりしていたらあっという間に寝る時間になってしまったので、特に不便を感じることはありませんでした。

トイレはウォシュレット付き。

テレビと金庫、冷蔵庫は空のものが用意されていました。空気清浄機もあります。
お菓子はグループの古窯で販売されてるクッキーです。これすごく美味しいのでおすすめです!

お風呂は洗い場付きのシンプルかつ機能的なものがついています。利用しませんでしたが、それなりに広くて快適そうです。

温泉は2種類、男女入れ替え制

温泉は露天風呂がついた「月」と内湯のみの「陽」があり、1日目は女性が「陽」、2日目は「月」でした。
洗い場はあまり広くはありませんが、客室数を考えると妥当で、混雑するようなこともありませんでした。

ドライヤーはパナソニックの古めのもの。ナノケアとかではないので、乾くのが遅い&髪の傷みが気になる・・・
温泉によくあるタイプのドライヤーでした。最近、ドライヤーにこだわるお宿も増えているので、ここだけもう少し頑張っていただけるとすごく嬉しいです。

夕食は1階のダイニングで二部制

夕食は1階のお食事処でいただきます。個室ではありませんが、広々とたレストランで、ディスタンスもバッチリ。
席間隔が広く、夜は暗いのでプライベート感はある程度保たれます。

お食事はスタンダードな山形牛がメインのコースにしました。
ドリンクメニューは、ビール、日本酒、焼酎、そして山形のワインリストをはじめ、スパークリング・白・赤が1杯ずつで2000円ちょっとのお得なものもありました。

お料理は森の音オリジナルの創作料理の数々で、目でも舌でも楽しめる楽しい内容になっていました。
また山形名物の「芋煮」もあり、地を楽しむ料理にも感激です。

鴨の燻製は目の前で燻製の蓋を外していただけるので、香りを一緒に楽しむことができます。

こちらはメインの山形牛ステーキと、ラムチョップ。山形牛は柔らかく、火入れも最高です。
赤ワインと合わせていただきました。

食後のデザートは、レストランでも食べられますが、ロビーの前の暖炉や、二階のフリースペースでもいただけます。
私たちは二階の個室風スペースが気に入ったので、そちらでいただきました。

両親へバースデーサプライズを決行!

ここで、一緒に宿泊していた両親へ、バラの花束のサプライズをしました。
実は事前にお宿にお願いして、バラの花束を宿に届けて保管して置いていただいていたのです。
両親はすごく喜んでおり、手配してくれた妹や快くお手伝いいただいたお宿のスタッフの方々にも感謝です。

そのまますっかり盛り上がり、消灯の時間まで話が弾んでしまいました。
お宿の皆様には大変ご迷惑をおかけしたことかと思います。大変温かく寛容な御心に感謝が尽きません。

朝食は炊きたての「つや姫」で山形を堪能

朝食は、山形の米銘柄「つや姫」を炊きたてでいただきました。
さっぱり程よいボリュームで、疲れた胃に優しい朝食となりました。最近はホテルで高カロリーな朝ごはんばかりだったので、たまにはこういうのも良いなあと思いました。

ちなみに今回二世帯で伺ったのですが、食事は同じテーブルでいただけるようにしていただきました。

おかえりの際はぜひ山形プリンへ!

楽しい時間はあっという間にすぎ、チェックアウトの時間となってしまいました。
お部屋やサービスはある意味シンプルなのですが、フリードリンクをはじめとした気取らないお気遣いがあり、まさに家族の集まりにぴったりな素敵なお宿でした。

またかみのやま温泉にいらした際はぜひ立ち寄っていただきたいのが、山形プリンというお店。

古窯の前にあるのですが、とろっとろでふわふわな最高のプリンがいただけるので、ぜひお土産にいかがでしょうか。
イートインもテイクアウトもどちらもOKなのですが、人気のため早めに売り切れてしまうことがあるので、午前中がおすすめです!

下記のリンクから各サイトの森の音のページに飛べるので、予約の際の比較検討にご利用下さい。(別ウインドウで開きます)

一休.com
楽天トラベル
Relux
じゃらん

国内宿泊カテゴリの最新記事